お風呂のトラブル解決

お風呂の排水溝周りのトラブル解決法

お風呂に何気なく入り続けていて、いつものように身体を石鹸やシャンプーで洗った後、お湯で流そうとして排水の流れが悪くなっている…。
そんなことに、ふと気がついたことはありませんか?

日本人はお風呂好きなので、ほとんど毎日のように入浴することが常になっています。
でも、排水などに気を付けている人は少ないですよね。
いつの間にか排水の流れが悪くなっているのに気が付いたり…。

当然のことですが、毎日のように入っていると、自然に抜けた髪の毛などが石鹸やシャンプーの残りかすと一緒になって排水溝に流れ込んでいて、いつの間にか排水溝周りで固まって溜まっています。

そして限界が来ると、排水口のつまりとなってお湯の排水が詰まりだすという悪循環に陥ります。
長期間ずぼらに放置していると、パイプそのものが詰まってしまうかもしれません。

こうなるととにかく対処するのが一番ですから、まず排水口周りの汚れを取り除く必要があります。
髪の毛類は当然として、垢としてこびりついている汚れもできるだけブラシ等でこするようにして、きれいに取り除く必要があります。

さらに日頃からの管理として、定期的に塩素系の洗浄剤を使って排水口のパイプに流し込んで掃除しておく習慣づけが必要です。
私の場合は台所のシンク・全面台とともに、お風呂の排水溝も定期的にこの薬を使ってパイプつまりを防止しています。
できたら日付を記入した管理台帳をつけておけば、忘れにくくなります!

お風呂の浴槽のトラブル、排水口の詰まりの原因と対処法

お風呂の洗い場のトラブルで一番多いのが、排水口の詰まりです。
排水口が詰まる一番の原因は毛髪です。

毛髪は健康な人でも洗髪時に週十本は抜けるものですが、これに石鹸カスや垢がからまると粘りのある塊となり、詰まりを起こします。
排水溝の詰まりへの対処法としては、早めに清掃を行うことです。
シャワーを浴びているだけで排水口周辺に水たまりができてしまう場合には、既に排水管内部が詰まり始めていると思って良いでしょう。

早いうちならば市販の排水溝用の洗剤を流し込んで時間をおき、水を流すだけで詰まりが解消する可能性も高いです。
コツは排水トラップをキレイにしてから薬剤を使うことで、より洗浄効果がアップします。
特に水の流れが悪くなくても、1〜2ヶ月に1度位は薬剤による洗浄をしておくと詰まりを予防できます。
1シーズンに1回でもいいので、ぜひお試し下さい。
異臭も減少するはずです!

どうしても詰まりが解決しない場合には、弊社のような専門の業者に依頼しましょう。
水回り修理の専門業者はワイヤーや高圧洗浄機などを使用しますので、より早く、キレイに清掃をしてくれます。
一度排水溝をキレイにしたら、その後はお風呂掃除をした時の湯垢やゴミは良く流したり、排水溝で髪の毛をストップさせるカバーを使用したりして、なるべく水が流れやすい状態を保つことが大切です。

お風呂場の蛇口の定期的なチェックとお手入れ

毎日使うお風呂場の蛇口は、年数劣化によるトラブルなども起き易い箇所です。
異常があると気付いた時には、早めの対策や修理を行う事が大切です。

お風呂場についている蛇口は殆どの場合、混合ハンドルやサーモスタッド混合栓です。
水の出が悪くなる、水漏れが起こる、水が止まらない、お湯の温度が安定しない、ハンドル部分が固くなるなどのトラブルが起こる場合もあります。

これを解消する為には、まず止水栓を止め、各部のしくみなどをチェックしてみる事が大切です。
蛇口の重要な部分には、バルブなど幾種類物専用の部品が装着されているものですが、このバルブ類などもハンドルが固い場合などはチェックすると良いでしょう。
さらに、水漏れの場合はパッキンが損傷しているか、あるいは劣化している場合があります。

スパウトの劣化で水漏れが起きる場合もあるので、同時にチェックしておくと良いでしょう。

また、普段から蛇口のお手入れは欠かさず行った方が、入浴する時にも気持ちの良いものです。
水垢などは比較的付着しやすいので、クエン酸などを使いしっかりとお掃除をしておきましょう。
特に石鹸カスや水の中のカルシウムなどは付着しやすいので、利用した後はふきとっておくと水垢や汚れの防止にもなります。
このように、お風呂場の蛇口は普段からのチェックやお手入れが大切です!

このページの先頭へ