キッチンのトラブル解決

シンクの掃除に使いたい重曹とクエン酸

シンク周りの水垢や汚れは、放っておくとこびりついてしまい、落ちなくなってしまいます。
こうなってしまうと普通に洗剤などで洗っても、キレイにするのは困難です。

そこで!
重曹やクエン酸を使用すると、頑固なシンク周りの汚れを落とすことができるので効果的です。

まず色々な掃除の場面で有効として人気が高い重曹ですが、これもシンク周りの汚れに効果的です。
使い方は簡単。
重曹をキッチンのシンク周りに振りかけて、30分ほど経過した後にスポンジで水垢が付いているところを綺麗に擦りましょう。
簡単に水垢が落ちるのですが、綺麗になった後にはそのままお水を排水口に流してしまうと、排水口についた汚れも綺麗になるので便利!
1ヶ月に1回程度のペースぐらいが丁度いいとされています。

また最近、掃除関連で有名なのは、「クエン酸」ですね。
こちらは重曹と違ってお湯をシンクに張ってから入れて、よくかき混ぜて溶かす必要があります。
しっかりと攪拌して馴染ませて、お湯が冷めた後に水を抜きます。
その後にスポンジを使うと水垢が簡単に落ちるようになるので、しっかりと綺麗にしましょう。

このようにシンク周りの汚れには「重曹」や「クエン酸」も効果的なので、ぜひ試してみましょう。

換気扇の掃除ノウハウ

掃除において、換気扇ほど苦手で大変な部分はないかもしれません。
油でベトベトになっているし、高い部分なので掃除もしにくいし、体も汚れるし、手も荒れます。
かなり厄介ですが、この部分がきれいに掃除ができないと家がすっきりしないのも確かです。

換気扇の掃除には準備が必要です。
できることはまず自分の体をできるだけ上に持ってくること。
脚立があればベストですが、なければ別のもので代用します。
無理して下から背伸びして掃除をしようとすると、洗剤などが体や目にも入ってしまう可能性さえあります。
注意が必要ですが、タオルを頭に巻くなどして守るのもいい方法です。

次に、手袋をします。
いちばん良いのは、使い捨てタイプのゴム手袋。
手にぴったりフィットするのでごわごわしませんし、油でどろどろになっても捨てればいいだけなので便利です。

次に、洗剤やオレンジオイル、マジックリンなどを吹きつけたりします。
ぼろぼろの捨ててもいい雑巾を使うか、あるいはキッチンペーパーを使うと便利です。
キッチンペーパーはよく染み込むし、扱いやすいので油を取るのに最適です。

カバーなど外して洗えるものは、洗剤の漬け置きをすることができます。
お湯を使うと落ちやすいです。
重曹を使うのも効果的です。
ひどい油汚れには、重曹に少量の水を加えたペースト状のものを換気扇に塗り、乾かせ、お湯で流し落とすやり方が効果的です。

細かい部分や隙間などは、歯ブラシなどを使って落とすことができます。
時間はかかりますが、換気扇がきれいになると本当に気持ち良いです!
ぜひお試しください。

キッチンの窓ガラス

キッチンの窓はキッチンの雰囲気を大きく左右します。
明るい雰囲気になると料理をするのが楽しくなったり、洗い物や下ごしらえといった面倒な作業も気持よく行えます。
だからこそ、慎重に選びたいもの。

キッチンの向きや位置によって向き、不向きがあるのを知っておくと選びやすくなります。
事前にしっかりとキッチンの構造を把握しておくと、あとから後悔するような失敗がなくなります。

例えば、キッチンが南向き、西向きの場合は日中の日差しや西日による日焼けや家具、家電の色あせなどの可能性を考えます。
遮熱性の高いペアガラスや、紫外線を防止する効果のあるガラスがおすすめです。

北向きの場合は寒さや湿気、また結露が気になるので断熱性の高いガラスが最適です。

次にキッチンの位置ですが、1階にあったり通りに面している場合は防犯ガラスが安全・安心です。
防犯ガラスは、一見ふつうのガラスのように見えますが、非常に割られにくいつくりのものや厚さがあります。
加えて、断熱や遮熱性能のある防犯ガラスもあります。
防犯の観点からもぜひ取り入れるのをおすすめします。

お手入れ方法ですが、キッチンは油汚れが多いので、こまめに拭き掃除をすることが効果的です。
汚れが貯まると落ちにくくなります。
落ちにくい窓ガラスの汚れを強くこすると摩耗してしまいます。
それを防ぐためにも、日々のこまめなお掃除を心がけましょう。

このページの先頭へ