トイレのトラブル解決

水漏れしたらまず止水栓を締めましょう

何気なくトイレに行ってみるとなぜか床がびしょ濡れ……。

トイレで水漏れが急に起こると、何をしたらいいかわからず慌ててしまうものです。
そんなときはまず気を落ち着かせ、止水栓を締めて水の流出を止めましょう!

「止水栓」とは文字通り、「水」を「止」める「栓」のことで、壁からトイレのタンクへつながっている配管の途中にあります。

この栓を開けたり閉じたりすることで、タンクに流れる水量を調節したり、今回のような水漏れなどのトラブル時に水の流れを停止させたりできます。

調整をする場合は、基本的にマイナスドライバーを使います(一部ハンドル式のものもあります)。
普段さわらないところだからとおっかなびっくりでネジをまわすと、ネジ山をなめてしまうこともありますので、なるべく幅広のドライバーで、ぎゅっと力を入れて回すことがポイントです。
錆びなどで回転しにくくなっていることもあります。
そのような時はホームセンターなどで入手できる潤滑油を少量さし、しばらく待ってから作業するとうまくいくことが多いです。

止水栓をとめるときは、どのくらい回したかがわかるように、マーカーやテープなどで目印をつけておくとよいでしょう。
止水栓をとめてから、落ち着いて水漏れの原因を調べます。
修理できるようなら作業し、無理なようなら業者に連絡するなどの適切な対処をとるようにしましょう!

トイレから聞こえる異音と故障

普段聞こえない音がトイレから聞こえたら、どこか故障個所があるサインです。
音の種類によって故障個所が違うと考えられます。

「ヒュー」という音が聞こえた場合、タンクの中のボールタップにゴミが詰まり、水の圧力が変化してしまったことが原因と考えられます。
ボールタップというのは止水栓とアームをつなぐ位置にあります。
ごみや水垢で動きが悪くなり水が出なくなりますので、ブラシやサンドペーパーで落とします。

水を流した時「コンコン」という音が床下から聞こえたら、排水管や給水管の異常が考えられます。

「ゴボゴボ」という音は、便器の水が流れる時によく聞こえますが、詰まりかけていることが原因です。
ラバーカップという吸引カップがあれば素人でも直せることがあります。
ラバーカップというのはゴム製のお椀のような形のカップに棒がついた吸引道具です。

簡単な詰まりならこれで直ることもありますが、ひどい場合は便器から水があふれて大惨事になります。
特に高層住宅の場合、水漏れは階下の部屋に被害を与え、多額の補償をしなければならなくなります。

所沢 水漏れ修理の110番では、トイレの異常音や水漏れ・詰まりを解決いたします!
お困りの方は、大きな事故になる前に、早めにご連絡ください。
年中無休でスピード解決いたします!

トイレの水が止まらない場合のチェックポイント

トイレのトラブルの中でも多いのが、詰まりと、水が止まらなくなってしまう事です。
簡単なチェックで解消できることもありますので、いくつか方法を紹介したいと思います。

まずいちばん最初に必ず行わなければならないのが、水の大元である止水栓を止める作業。
止水栓の形はいくつかありますが、ハンドルタイプなら道具無しですぐに水を止めることが可能です。
もしネジ式のタイプならちょっと大きめのマイナスドライバーが必要です。

止水栓を止めたらトイレのタンクを開けてみましょう。
トイレのタイプによって中に入っているものは多少変わりますが、基本構造は大体どれも似た感じになっているかと思います。

すぐに目に付く部品が多分浮き玉と呼ばれるプラスチックの玉かと思いますが、それが外れてしまっていると水が止まらなくなるんです。
また、浮き玉が古くなると穴が開いて水が中に入り、役に立たなくなって水が止まらない原因にもなります。
浮き玉はホームセンターなどで買えますので、交換をすれば水が止まらないトラブルを解決できます。
また、ゴムフロートというタンクの弁の役割を果たす部品が壊れて水が止まらないというケースもありますので、これも交換によって解消することが出来ます。

もしご自身で修理や交換が難しいようでしたら、お電話一本で駆けつけますので、ぜひお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ